アパート建築費は何を基準にして決まるのか

地域で大きく違う建築費

建築費用は坪単価で比較する構造によって異なる建物の耐用年数地域で大きく違う建築費

国土交通省が発表している建築着工統計調査を参考にすることが、各地域のアパート建築費をとらえることにつながるのです。
アパートの建設の場合特に東京都内などでは高額になりますが、人気のエリアに耐用年数の高いアパートを建築すれば家賃収入も多く得られることになり総合的に判断することが重要です。
全国で最もアパート建築費が高い東京都では、坪単価も高くなっています。
目安となる構造による坪単価は、木造で約59万円・鉄骨造りで123万円・RC造りで117万円ととらえておけばいいです。
80坪のRC造りのアパートを建設しようとすると9360万円と概算することができます。
これは駅からの距離や人気のあるエリアかでも違ってきますが、場所が良ければ入居率や家賃の相場が高くなってきますから採算に合うということが言えるのです。
全国的なアパート建築にかかる相場が、3000万円から4000万円といわれており地域によって違いがでてくることを理解すること及び耐用年数が基準とすることになります。